沖縄のレンタカーはお得ってホント?

img_9680_s

沖縄入りにあたりレンタカーの利用を検討している人もいることでしょう。沖縄を観光するのであればレンタカー移動が1番楽です。沖縄はレンタカーについても豊富で、多くの店舗で貸し出しを実施しています。那覇空港付近なら最安値で1日あたり2000円前後で貸し出しを実施しています。これはお得です。同じ価格帯でもオプションがさらに充実しているものもあるので、レンタカーの内容についても比較してみるといいでしょう。

比較してみるとどういったものがお得かわかることでしょう。インターネットやアプリでレンタカーを探すのにとても便利だったサイトが下記になります。
スカイチケットはレンタカーが格安で予約や比較ができるので、大変おすすめ。

沖縄はグルメについても注目されています。沖縄料理といわれる独特なメニューも多く、例えば「沖縄そば」は定番中の定番です。そばというよりうどんのような不思議な味わいです。1度食べると病みつきになります。

沖縄そばはそば粉を一切使用していないのが特徴です。そば粉ではなく小麦粉が使われています。蕎麦アレルギーの人も安心して食べられる1品です。そば粉についてはアレルギー反応を起こす人もいます。特に小さい子供は注意が必要です。

蕎麦についてはそば粉を30%以上使用していない場合、蕎麦という名前を付けてはいけないというルールがありました。そのため沖縄そばについては蕎麦と名づける上で運動が実施されました。「沖縄そば」という名称で使わせてほしいというものです。これが昭和53年に認められ、そのまま継続されています。

沖縄そばですが、お店によって麺や出汁が異なります。味も当然違います。ぜひ食べ歩きしてもらいたい一品です。
麺の太さはもちろん、歯ごたえもまるで違います。そのお店のオリジナルの味を満喫したいところです。
沖縄そばについてはうどんとラーメンの中間のようなイメージです。

量についてはそんなに多くありません。女性でもペロリといけることでしょう。男性であれば小を2つオーダーしても良いかと思います。サイズについては大・中・小ではなく特大・大・小といった具合のメニューが多く見られます。

沖縄については観光とあわせて沖縄そばを満喫できるようお店についても立地が工夫されています。レンタカーがあればそれこそ気軽に移動できます。
沖縄でレンタカーがおすすめの理由の1つに無料の駐車場を設置している店舗が多いというのも要因です。駐車料金を気にせずドライブを楽しむことができます。
また「山原そば」についてもおすすめです。このそばは本部町のおそばとなっています。
ここのお蕎麦の味付けはかつおだしとなっています。麺は中麺が多いです。ここもリピーターが多い店舗です。

沖縄のレンタカーは料金比較でさらにお得に

沖縄はレンタカーの店舗も豊富でどこがいいか迷うといった声も聞かれます。お得な情報を比較すればするほど、迷いが生じます。比較してみるとキャンペーンのものも多く、内容も豊富です。レンタカーショップについても多数あり、例えばJネットレンタカーやスカイレンタカー、オリックスレンタカー、タイムズ カーなどがあります。またレンタルABCやレンタカーニッポン、レンタカー沖縄なども定番です。これらの店舗もごく一部で、ここでは紹介しきれないほど多数のレンタカー屋があるのも沖縄の特徴です。

なぜこんなにレンタカー屋が多いのか?というと、それだけ需要があるということです。沖縄は観光地としても人気が高く多くの人が訪れるのに対し、公共交通機関があまり整っていないのも特徴です。電車がないのも沖縄ならではです。地方は車での移動が多いので珍しいことではありませんが、沖縄を観光するのであればレンタ
カー利用を検討するのが良いでしょう。

沖縄といえばB級グルメも注目されています。みなさんも名前を耳にしたことがあるであろう「タコライス」についてもおすすめです。タコライスの名前を聞いたことはあってもどういったものかわからないといった人もけっこういるかと思います。タコライスはもともとメキシコ料理をベースにしたものです。メキシコ料理のタコスの具が使われています。中身はひき肉やチーズ、レタスといったものです。これをご飯の上に乗せたメニューとなっています。

「パーラー千里」のタコライスは定番中の定番でしたが、現在は閉店してしまいました。なんとも残念な限りです。ここのタコライスはたっぷりチーズがウリです。野菜も大持ちで一面にタコミートがトッピングされます。頂点にはみごとなトマトライスが乗せられます。これは1度は食べてみたいメニューです。これを綺麗に食べるのは至難の業で苦戦された方も多いかと思います。

量についてもすごい量です。かなり食べる男性でも「これはボリュームがあるな」と思うことでしょう。それでもおいしいので女性でも完食する人が続出しています。
またタコライスに欠かせないのが「サルサソース」です。サルサソースは辛いもの好きにはピッタリなメニューです。ぜひ食べてみるといいでしょう。たこライスにかけるとさらに美味しく食べることができます。辛味についてもよくあうメニューです。
パーラー千里は沖縄で1番最初にタコライスを作ったお店です。平成27年6月に閉店しています。歴史は長くなんと31年も続きました。しかしその味を受け継ぐお店があります。それが「KING TACOS(キングタコス)」です。

沖縄のレンタカーならまずは比較しよう

沖縄に行くにあたりレンタカーの利用を検討している人も多いことでしょう。沖縄を周るならレンタカーがとてもスムーズです。沖縄のレンタカー屋はそれこそ星の数ほどあります。非常に多くの店舗があり、各社でこぞってキャンペーンを実施中です。価格についても競争体制なので安価なものが多くあります。まずはこれらのレンタカーを比較してみるといいでしょう。比較してみるとよいりお得なものが見つかることでしょう。

ところで沖縄といえばグルメについても興味深いところです。沖縄料理のお店に行くと、ちょっとかわったメニューが多く見られます。ゴーヤチャンプルなどはわりと近年日本本土に普及したメニューです。沖縄ならでの食材もありますし、また他国からの文化の流れもあります。
沖縄は1年を通じて暖かい気候となっています。夏場は特に暑く、暑さはこりごりといった人も少なくありません。暑い時期はアイスクリームが何よりですね。沖縄には美味しいアイスクリーム店も多数あります。

沖縄はアメリカとも深い関係がある地です。アメリカ文化が見受けられるところも多々あります。例えば「ブルーシールアイスクリーム」です。こちらはアメリカ生まれのアイスクリームとなっています。

もともとは1948年に米軍基地の中にあったものです。米軍基地の中にあったアイスクリーム店なので最初は県民が食べる機会がありませんでした。変化があったのは
1963年のことです。1963年に浦添市に店舗移転したのがきっかけで沖縄でおなじみのアイスクリーム店となりました。当時は高価な店舗だったのですがそれでも大人気で、今もその人気は継続しています。

沖縄特産の食材も使われておりゴーヤや紅イモ、シークヮーサー、マンゴーパイナップルなどが使われたメニューも豊富です。店舗によってはパスタやクレープもあります。こちらも食べてみるといいでしょう。
ブルーシールアイスクリームについては公式サイトを見てみると良いでしょう。近場としては国道58号線や国道330号線などがおすすめです。青と白の色鮮やかなパラソ
ルを目印にするといいでしょう。するとビックアイスの店舗があります。
土日など休日はバス停でも販売しています。こちらは1コ150円程度です。バニラ味のものとなっています。最近はシークヮーサー味も販売されており、さらに沖縄色が強まっています。

アイスクリーム店などへ行く際もレンタカーでの移動は大変便利です。道端にある店舗に気軽に立ち寄ることができます。

沖縄のレンタカーをお得に借りる方法とは

沖縄のレンタカーをお得に借りる方法について知りたいといった人もいることでしょう。やはりなんといっても自分で価格や内容を比較して探してみるのが1番です。幸い最近はインターネットで多くの情報が公開されており、情報量についても豊富となっています。比較してみると店舗によって特色も違うことがわかります。まだ見たことがない人はこの機会に比較してみてください。

レンタカーで行動するのであれば途中にある道の駅にも足を運んでみるといいでしょう。沖縄本土の北部には「おんなの駅」というところがあります。こちらについても人気スポットです。観光客だけではなく地元の人も多数訪れるスポットです。
おんな駅は恩納(おんな)村にあります。ここでは海ぶどうや沖縄の新鮮な海産物、特産物や農産品など幅広く販売を手がけています。もちろん気軽に食べられるフードも豊富です。パーラーのコーナーには沖縄定番のアイスクリームでおなじみのブルーシールアイスクリームもあります。またサーターアンダギーなども売っているので、ぜひ食べてみるといいでしょう。

またここで要チェックなのが旬のフルーツです。ここには旬のおいしいフルーツが多数販売されています。私たちが南国フルーツを食べる際は、熟する前に出荷したものを食べる機会はあっても熟したものを食べる機会はそうそうないかと思います。例えばパイナップルです。パイナップルといえば言えばすっぱいイメージを持っている人も多いことでしょう。ここのパイナップルは甘みも豊富でとても美味しくいただけます。お土産にもピッタリです。荷物に余裕があればここでフルーツを購入するのも良いでしょう。またその場で食べることもできます。

その場で食べるなら琉冰(りゅうぴん)というお店が良いでしょう。ここはたっぷりフルーツとおいしいかき氷のお店です。両方のマッチがなんともいえません。甘党の人はここは必須スポットです。

ところで恩納村では海ぶどうの養殖がとても盛んな地です。そのためここの海ぶどうや安価な価格で販売されています。しかも新鮮なのではごたえも最高です!プチプチ感がたまりません。プチプチ食材を思う存分楽しむといいでしょう。

海ぶどうは冷やすものかと思いきや、冷やすのはNGとなっています。常温でOKです。ホテルに持ち帰り、ビールのつまみにするのも良いでしょう。
見学するだけでも面白いスポットかと思います。沖縄ならではのものも多数扱っているので、時間があるときはぜひ立ち寄ってみてください。

沖縄のレンタカーで楽しい旅行を

沖縄の旅行をさらに盛り上げるためにはレンタカーの利用がおすすめです。まずは沖縄のレンタカーについて比較してみましょう。かなりの数のレンタカーがあり、とても便利です。また内容についても豊富でサービスにも定評があります。中にはこんなサービスがあるなんて!と驚くプランもあります。いずれにしても関東に比べて大変お得です。比較してみるとさらにお得なものが出てくるので、じっくり検索しましょう。

沖縄といえば「恩納村水産物直売店」も立ち寄りたいスポットです。沖縄は海に面しており、魚介類も豊富にあります。恩納村水産物直売店では養殖された海ぶどうも販売しています。その他、刺身や魚のから揚げなど定番商品も多数あります。出来立てホヤホヤをここで食べることが可能です。また海鮮丼についてもおすすめのメニューです。

その他ムール貝も人気メニューとなっています。ここのムール貝はうにソースを使ったもので高級感も満載です。このうにソースがほしいといった人は、うにソースだけの販売もあるのでそちらをチェックするといいでしょう。うにソースは要冷蔵となっているので、冷蔵対策は必須です。
海ぶどうですが、夜のおつまみに最適です。疲れたときはホテルでのんびり過ごすのも良いものです。またムール貝のウニソース焼きについても食べたいメニューです。これはたったの120円とお財布にも優しいメニューです。

車えびやイセエビについても販売しています。どれもおいしそうなメニューです。
三矢本舗のサーターアンダギーについてもお勧めメニューです。サーターアンダギーはドーナツのような食べ物です。サーターアンダギーは沖縄名産のお菓子であり、小麦粉と砂糖で作られています。揚げる際は、低温でじっくりあげるのがポイントです。

スタンダードなものしか見たことがない人が多いかと思いますが、ここでは種類も豊富です。紅芋を使ったものやかぼちゃなどオリジナルメニューもあります。お土産にもピッタリです。またドラゴンボールとドラゴンボールZなんて商品まであります。ネタとしても最高です。
沖縄入りの際は胃袋がいくつあっても足りないくらいです。珍しいメニューが多いので、目移りしてしまいます。あらかじめリサーチして人気店を絞っておくといいでしょう。

沖縄の下調べもまた旅の楽しみかと思います。見ているとあまりにも多くの情報があるので迷うかもしれませんが、無理のないルートが1番です。無理をしない旅になるよう、うまくスケジュール調整をしてみてください。